鈴乃屋の着物

鈴乃屋について

東京に本社を置く老舗の呉服店、それが鈴乃屋です。
昭和22年に創業された鈴乃屋は当初は帯を販売する企業でしたが、その後両面着の着物や両面着帯を開発して特許まで取得をしました。
その後はきものの専門学校の創立し、数多くの大河ドラマの衣装としても鈴乃屋の着物は起用されるなど、数々の華々しい経歴を保有しています。
着物の多くは20万円前後ですが、高級な着物となると60万円以上と価格は跳ね上がります。
着物を売る前には、鈴乃屋の何の着物を売るのかを把握した上で独自にその相場を調べ、それを元に買取業者を慎重に探し出してください。

業者の比較に力を入れよう

着物の買取業者は数多くあります。そしていずれの買取業者も査定基準が異なることが多いため、価格にバラつきがあることがあります。
高級な着物が多い鈴乃屋だからこそ、最初から高額査定をしてもらえる場合もあるかもしれませんが、できればその一社だけでなく、他の会社をハシゴして比較をすると良いでしょう。
もしも比較をしないで着物を売ってしまった場合、実は大きな損をしてしまっている可能性があります。
一社で妥協することなく、他社との比較をしっかり行うようにしてください。
また、比較を行う業者は3社以上あると良いでしょう。
その場合にはわざわざ移動をするのも大変なため、出張査定ができるのであれば業者に直接自宅に来てもらうと手間が省けます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ