着物買取業者選びで失敗しないコツ。着物を高値で売るには?

自分は着る機会がないけれど、母親が大切にしてきた着物だから処分してしまうのはしのびない。そんな風に考える人もいます。

そんな人のオススメしたいのが着物買取サービスの活用です。
着物は美しく、高級なもの。そして流行すたれのないものなので、何年経ったものでも買取ってもらうことができます。

ここでは、今注目される着物買取サービスを使って、高値で着物を売るコツについて説明していきます。
imasia_14269479_S

着物の価値は、リサイクルショップではわからない!

洋服やアクセサリーのリサイクルを考えた時に思い浮かぶのは、街のリサイクルショップやネットの買取サービス、またはネットオークションです。
でもこれらはどれも着物には不向きです。

その理由は、着物は特殊なもののため、専門家にしか価値がわからないからです。
その証拠に、「Yahoo買取」では、着物は買取り対象外になっています。

またよく聞く耳にする話に、「リサイクルショップに着物を持って行ったら、二束三文の値付けで悲しくなって持って帰ってきた」というものがあります。
その理由は着物の知識がないために、正しい価値が見いだせず、ただの古着と判断したためです。

でもご安心ください。
その二束三文の値付けしかされなかった着物を着物買取の専門業者に査定してもらったら、数万円、中には数十万円の価格がついたという例もざらにあります。
これも着物の魅力のひとつ。

着物買取を依頼する際には、必ず専門業者にしてください!
そしてそこに所属する鑑定士や着物査定士に、しっかり価値を判断してもらってください。

imasia_13041858_S

和装小物も一緒に買い取ってくれるのも専門業者ならでは

着物を手放すときには、一緒にそろえた帯や草履、小物も一緒に買い取ってもらいたいものです。着物がないのに、草履が靴箱にあってもしょうがないですものね。

着物買取の専門業者であれば、小物類はもちろん、まだ着物に仕立てていない反物も買い取ってもらえます。

ちなみに和装小物とは、帯留や帯締め、草履、バッグ、巾着、扇子、かんざし等のことを言います。

また着物や帯に、ちょっとしたシミや汚れがあるから買い取ってもらえないのでは? 
と考える人もいますが、ぜひ一度査定してもらってください。

プロがシミ抜きをするとキチンと消えるものや全体の色褪せがあっても、それほど価値に影響がなく、高値で買取ってくれることが多くあります。

着物は洋服とは違い、縫い目をほどいて布の状態に戻して洗いなどの処理をし、再度仕立て直しができます。
そのため素人目に見て価値がないように見えても、立派に復活させることができるのです。

もちろん紋付(家紋が入っているもの)も買取してくれるので、まずは気軽に相談してみるのが着物買取の基本です。
imasia_10281801_S

着物買取の査定の方法は3つ。オススメは出張買取と宅配買取

着物を査定し買い取ってもらうには、大きく分けて3つの方法があります。

  1. 出張買取
  2. 宅配買取
  3. 店舗への持ち込み

3つめの持ち込みに関しては、運ぶのに手間がかかる上、近くに専門業者があることが少ないのであまりオススメできません。
そのためここでは、「出張買取」と「宅配買取」について紹介したいと思います。

まず着物買取業者を探すには、WEBを使うのが一番です。
以前は口コミや電話帳から調べるのが一般的だったのですが、今は実績ある業者は必ず自社サイトを持っています。

数が多い人、価格に納得したい人におすすめな出張の着物買取

imasia_3003335_S

着物査定士を自宅によんで買い取ってもらう方法です。

■基本的な流れ

WEBフォームに入力または電話する

日時を決める

査定士が自宅に来て査定する

価格に納得すれば、その場で買取ってもらう。
現金はその場で受け取る。

■特長

  1. ほとんどの業者で見積もりは無料。交通費などは請求されない
  2.  買取ってもらわない場合でも、キャンセル料はない
  3.  事前準備は不要で、その場で箪笥から出せばいい
  4.  大量に着物がある場合に便利
  5.  その場ですぐに現金がもらえる
  6.  「この着物は母のお気に入りで…」と思いも伝えられる
  7.  その査定額になった説明をしっかり聞ける

忙しい人、気軽に手放したい人にオススメな宅配の着物買取

imasia_15780201_S

業者に着物を送り、買い取ってもらう方法です。

■基本的な流れ

WEBフォームに入力または電話する

段ボールなどの郵送キットと着払い伝票が送られてくる(業者による)

梱包して送る

査定額の連絡がくる

価格に納得すれば、その場で買い取ってもらう。
お金は振り込んでくれる

■特長

  1. 宅配用の段ボールなどを送ってくれるところが増えている
  2. 送料は業者で負担してくれるところが多い
  3. 一点ずつ査定し、それぞれの金額を教えてくれる
  4.  金額の報告は、電話やメールなど、便利な方法を指定できる
  5.  買い取ってもらえない時も、無料で引き取ってくれる
  6. 価格に納得できなければ、返送も可能
  7. 時間があるときに、マイペースに準備できるので忙しい人にはうれしい

一点一点広げて隅々まで確認して、査定額を出してくれる

着物買取を依頼した時に、その値付けをする人を、「着物査定士」とか「鑑定士」などと言います。
これは業者による呼び方の違いですので、2つに大きな違いがあるわけではありません。
また別の呼び方をしているところもあります。

訪問でも宅配でも、査定方法は基本的に同じです。

一点一点確認して、値付けをします。
表面はもちろん、裏地も確認しますし、全体を広げて隅々までシミやヤケがないかをチェックします。

訪問の場合は、着物を広げるスペースが必要となりますので、できるだけ広いスペースを空けておきます。
その場で価格を教えてくれるほか、その理由も教えてくれます。

確認後の着物を、きれいにたたんでくれるのはいい業者です。
さらに手元に残しておきたい着物がある場合、たたみ方や保管方法を教えてくれる人もいます。

宅配の場合は、業者によって複数のスタッフが何度か確認していたり、産地や着物の種類によって専門知識を持ったレベルの高いスタッフがいたりして、少しでも高い価格で買取るような工夫がされています。

ちなみに着物を引き取ってもらう場合、身分証明書の提示をすることがルールになっています。
宅配買取のとき免許証や保険証のコピーを同封することを求めたり、訪問の時に提示を求めてきたりする業者はきちんとしたところと判断できます。
逆に何も言わないところは、避けるべき業者です。

新品が高く売れるのはもちろん、レトロ着物人気で古いものも売りやすくなっている

imasia_13723445_S

着物買取の査定には、元々の着物の価値とコンディションが大きく影響します。

一般的に正絹で新品のものや未使用のものは高価な価格がつきやすいと言えます。

ただ新品でも、長い間タンスにしまったままの場合、一見きれいに見えても折り目などが褐色に変色していたり、金糸や金箔が色落ちしていたりすることもありますので、着る予定のない着物は、早めに売ってしまうことをオススメします。

色や柄で言えば、幅広い年齢で好まれる色合いや絵柄のものはニーズもあり、査定価格も高くなる傾向があります。

以前は30~40年以上前のものは買い取りが難しいと言われていましたが、レトロ着物を好む人が増え、古典柄がちょっとしたブームになっています。

昭和初期や大正の着物であっても買い取ってくれる可能性は十分ありますので、まずは査定してもらうとよいでしょう。

imasia_11217766_S

証紙があれば価格は跳ね上がる。探してみる価値あり

有名作家の着物や伝統工芸品などには、「証紙」と言われるものがついています。

洋服でいうラベルのようなものだと思ってもらえばいいかと思います。
これは着物の産地を証明するもので、一級品である証拠となります。

また着物は染め方や絵付けに技術があり、「染め証紙」というものもあります。
これは全国にある染物の産地がそれぞれに設定している染の基準を満たしていることを証明するものです。

証紙はその名の通り紙でできているものです。そのため多くは着物とは別のところに保管しています。
親御さんが残していった着物を買い取ってもらう時などは、書類をしまっているところなどを一度探してみるのがいいかもしれません。
証紙があれば、査定額は大きく上がります。

着る予定のない着物は早めに売ってリサイクル

imasia_14354022_S

着物の生地はデリケートで、ちょっとした擦れが刺繍や風合いに影響したり、引っかかりでほつれが生じたりします。
また長期間折りたたんで箪笥にしまいっぱなしにすることで強い折じわができたり、シミがでてきたり、時にはカビが発生することもあります。

さらにいい着物は正絹でできているため、虫食いのキケンもあります。

そのため一度袖を通した着物は、正しい保管をする必要がでてきます。
元々着る機会の少ない着物です。
クリーニングに出した後は、次の機会まで箪笥にしまいっぱなしにしておいていいというものではないのです。

着物を大切にしている人は、年に一度は虫干しをして風を通し、再びキレイにたたんで収納しています。
着物はそれほどデリケートなものなのです。

でも忙しい人には、そんな時間はありませんし、何より面倒です。
そのため、「もう着ることはない」と思ったら、早い時点で買取ってもらう選択をする方がいいでしょう。

何年もタンスで寝かして、価格を落とす必要はありません。
新しいものであればそれだけ高価に買取ってもらえますし、何十年か経って、また着物を着たくなった時には、その時の年齢や好み、気分にあわせて新しいものを購入する方が賢い選択だと言えます。

ちょっと気になる。買取られた着物はどうなるの?

imasia_10281705_S

買取られた着物が、その後どうなるのかも気になるところです。
思い入れのある着物ですから、きちんと来てもらいたいという気持ちもあることでしょう。
着物を着る人はそんなに多くないのに、ちゃんと使ってもらえるの?
と思う人も多いかもしれません。

実は着物のニーズはとても高くなっていて、日常的に着物を着る人が増えていると言われています。
日本の文化を見直す動きもあり、茶道や日本舞踊を習う人が増え、必然的に着物を着る人も増えているのだそうです。

また若い人の間では、夏のイベントに浴衣をオシャレに着こなすのが流行っています。
その体験を通じ、「着物っていろいろ楽しめていい!」と大人になっても、ちょっとしたイベントに着物を希望する人が多くなり、リサイクル着物の即売会に親子で参加する人も増えています。

そんな背景もあり、着付け教室も変わってきて、着物を持参しなくても必要なものはすべてレンタルして習えるところや、その着物を着たまま出かけていいところも増えており、着物ファンの増加を手伝っています。

さらに海外からの観光客が増えたことで、着物の美しさに感動し、外国人が購入する機会も増えています。
まるで絵を着ているかのような美しさが個性的だと評判で、2020年の東京オリンピックに向け、この傾向はますます顕著になることは間違いないでしょう。

そして、もうひとつ忘れてはならないのが、最近の和柄ブームです。

シミや色褪せがあり、着物としてリサイクルするのは難しいものでも、リメイク素材として利用、また小物として再加工されるものも多くあります。
思い入れのある着物だからこそ、買取ってもらって、誰かの喜びにつなげたいものです。

いかがでしょうか?
着物は保管にも気を遣うものですが、買取ってもらうことで箪笥も気分もスッキリします。
ぜひ信頼感のある着物買取専門業者を見つけ、価値に見合った価格で買い取ってもらってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ